読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は縮む。

平々凡々な21歳の日常とか音楽とか。

RiNGO TONE『Good day Good bye』レコ発(2017.4.12)

会社帰り、急いで渋谷クアトロに向かう。当日券を買って、ドリンクカウンターでウーロン茶をもらって一息つく。前にGOODWARPのワンマンを観に行ったなあ、とかそんなことをぼんやり考える。 2017年4月12日、RiNGO TONEの3rd mini album『Good day Good bye』…

「ラフ・ダイアモンド・ナイトVOL.2」(2017.1.27)

「ラフ・ダイアモンド・ナイトVOL.2」行ってきました。MINAMIS企画ライブ以来の学芸大メイプルハウス。お目当てはRiNGO TONE。ライブの感想をだらだら書いていきます。 1.My Girl 女性ボーカル、4人編成のバンド。曲はポップでストレート。歌声も良きでした…

冬だけど未だに関ジャニ∞の「罪と夏」が好き

さて今の気温は2.1℃。パソコンを打つ指が氷のように冷たい。どうも末端冷え症です。冬です。 ipodに最近好きな曲を適当にごちゃっと入れてるお気に入りフォルダがあるんだけど、去年の夏からずーっと変動せずに残ってるのが関ジャニ∞の「罪と夏」。プールに…

LINE@は各バンドもっと採用してもいいんじゃないか

ちょっと気になるバンドのライブにふらっといってみたいなーって思った時に若干壁になるのがライブの予約方法。今じゃTwitterが主流だったりするけど、リプライ送るの結構勇気要らない?読まれてるかもよく分からないし。 そこで最近気になりだしたのが「LIN…

大好きの感触

大好きなバンドの曲を聴いている。大好きだけど最近方向性がよく分からなくなってきて一抹の寂しさを感じる。でもやっぱり曲は好きだし。またライブに行く気がする。 ハンドクリームを塗って大好きなジャスミンの香りに包まれる。大好きだけど何かを飲むにも…

邦ロック厨vs洋楽厨問題

邦ロック厨と洋楽厨の対立構造というのはよく見られますよね。前者は「邦ロック」という狭くも確立された分野に深く傾倒している人達。後者は邦楽も洋楽も聴くけどある一定層の「高度な音楽」を広く好む人達。 大体お互いがお互いのこと嫌い。「気取った音楽ばっ…

石橋を叩いて壊す―無礼メン

「無礼メン」―都内を中心に活動する「オラオラポップ」バンド。今年はSDRオーディションにて見事選出され、下北沢LIVEHOLICにて華々しく『TOKYO CALLING』の1番手を務めた。 今一番好き、というか1年ぐらい前からずっと大好きなバンド。その理由、みんなにオスス…

エネルギー底知らず―MINAMIS

「MINAMIS」―東京(とりわけ渋谷)を中心に活動しすぎてるバンド。一言で表すなら「エネルギッシュ」。 彼らを知ったのは、「無礼メン」(近々記事書きます)の対バン相手としてライブに出演していた時のこと。 ライブを観に行く前日に予習がてらYouTubeを開いて、「…

アフロの中に詰まった夢―Dr.FOOL

「Dr.FOOL」―大阪を中心に活動するファンクでポップなバンド。今年はミナホにも出演した。行きたかった。 彼らを知ったのはTwitterの某バンド紹介アカウントから。「WA・DO・WA」が最初に聴いた曲だった。 Dr.FOOL 『WA・DO・WA』 もう、開始1秒ぐらいで「あ、…

青から赤へ🍎RiNGO TONE

「RiNGO TONE」― 今なかなか勢いのあるバンド。 メンバー変更などいろいろな経緯があるようだが、私が彼らを知った当時から今までのことについて書いていこうと思う。別段音楽コラムを書くわけではないので、飽くまで感想として捉えてもらえたら。 このバンド…