読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は縮む。

平々凡々な21歳の日常とか音楽とか。

エネルギー底知らず―MINAMIS

f:id:cerva:20161102200520j:image

「MINAMIS」―東京(とりわけ渋谷)を中心に活動しすぎてるバンド。一言で表すなら「エネルギッシュ」。

 

彼らを知ったのは、「無礼メン」(近々記事書きます)の対バン相手としてライブに出演していた時のこと。

 

ライブを観に行く前日に予習がてらYouTubeを開いて、「ドライブライフ」を聴いてぼんやり「良さげなバンドだなあ」なんて思ってた。

 


[MV] ドライブライフ-MINAMIS(ミナミズ)

 

当日、お目当ての無礼メンを見終わってホクホクしていたらトリを務めたのがMINAMISだった。本当に何の疑いもなく、普通に良い感じのおとなしめのバンドだろうなって予想してたのも束の間。

 

1度ライブが始まると、ライブハウス全体が彼らによって支配された。正直呆気にとられた。第一印象「思ったよりテンションたけぇ」だった。それだけギャップがあった。

 

とにかく。尋常じゃない熱量だった。前日に聴いたドライブライフは、音源のそれよりも何百倍も何千倍もかっこよかった。ライブ終わって『OIKAZE e.p.』買いました。即行。あとたまたまその日は両親と会う予定だったので、両親の住むマンションに着いてからテンションマックスでいかにライブが良かったかを語るその姿はなかなかにあれだったと思う。

 

その後も足繁くライブに通ったが、何度聴いても良く強く印象に残っていたのが「アイ」だった。今となってはPVも出ている。(余談だが、最初のサビでボーカル南雲さんが真顔でこっちに向かってくるシーン毎回ちょっとふふっとなってしまう)

 


[MV] アイ-MINAMIS

 

彼らは毎月、毎週土曜日に渋谷MODI前で路上ライブをしている。毎週である。数多くのライブに加えて毎週土曜の路上ライブである。しかもこの路上ライブ、毎月内容の違うCDを無料で配布してくれる。「株式会社MINAMIS」が存在していたらブラック認定待ったなしである。ほんとすごい。活動しすぎ。

 

路上ライブは普段のライブとはまた違った熱量があって面白い。この路上ライブでも、やはり「アイ」は定番になっていた。「愛されたいんだよ~」のフレーズは思わず口ずさみたくなるし愛されたいし

 

この「アイ」が収録され、良曲揃いの計5曲が詰め込まれた『スーパークルーズ』が満を持してリリースされた。名盤。このレコ発、本当に楽しかった。(「アイ」PVの最後の方にこの時の映像が使われてたのはちょっとぐっときた)

 


MINAMIS「スーパークルーズ」トレーラー

 

ちなみにたまにアコースティック編成のライブをやることもあるのだが、これもオススメ。普段とは打って変わっておとなしい雰囲気ではあるが、それがまたいい。アコ編ライブを観に行った時に前述『スーパークルーズ』に収録されてる「いわない」という曲がめちゃくちゃ好きになった。聴く度泣きそうになる。

 

とにかく熱量の全てを曲に注ぎ込み、それを発し、メロディ歌詞演奏全てが聴いてる側の心に力強く打ち込まれる。それによって私たちに生まれるのは「共感」ではなく、やっぱり「熱量」なのである。

 

活動しすぎバンド、MINAMIS。この記事を書いている今日も下北でライブ。これからもその底知れないエネルギーで躍進していってほしい。もちろん、お体には気をつけて。