読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は縮む。

平々凡々な21歳の日常とか音楽とか。

2017/1/6(金) ☀

昨日は朝方に耳が火照って眠れなかったから、そのままシャワーを浴びて、化粧をする。ベランダの窓から差し込んでくる日光に照らされて、目元に舞ったアイシャドウがキラキラと光る。マスカラはいいか、と眼鏡をかけて、大量の本を抱えて、図書館へ向かう。

 

「全て返却ですね。ありがとうございました。」

 

身軽だ。重くのしかかってたものから解放された。まだ冬休み中なのに、駅前のマックもサブウェイも混んでいるなあなんて思いながらスマホを忘れたことに気づいて、あーあ、となりながらもまあいいか、と好きな曲を耳に流し込む。

 

昼にさしかかりつつある下北は日差しがちょうど良くて、いつもよりも人が少なくて、お目当ての眼鏡屋はがらがらだった。悩みに悩んで、可愛い店員さんからオススメされた可愛いフレームを選んだ。髪色も話し方もファッションも、全部可愛くていいよなあと思う。

 

眼鏡が出来上がるのを待っている間、下北をぶらつく。商店街にはなぜか日本国旗が連なっていた。朝も昼も食べてないのでいい加減お腹が空いていたけれど、特段どの店に入る気にもなれず、マックにはやっぱり長蛇の列でみんなマック大好きかよ、となる。

 

卒論提出前は印刷室が混むと聞く。卒論は家で印刷するか、とダイソーへ足を運んで印刷用紙を求める。レジに出来た列には、老若男女が揃っていて、ああサブカルの街とは言えど住宅街だもんな、なんて考える。この街住みたいなあ、でも内定先の家賃補助圏内には入らないんだよな、とちょっと落ち込む。

 

ipodで時間を確認して、眼鏡屋へ向かう。さっきとは違う店員さんだったけど、やっぱ可愛いよな。ついでに言えばそこでもらったメガネケースも、メガネ拭きも、紙袋も、それを留めるテープでさえも。

 

新しい眼鏡で帰路につく。前の眼鏡よりも大きめのものを買ったから、視界良好でなんだか慣れない。似合ってんのかな。よく分からない。まあいいか。

 

夕飯を食べた後にいつの間にか眠っていて、いつの間にかこの時間。まだ眠いなあ。眠いけど、朝食の食パン切らしたんだった。コンビニ行こうかな、って考えてる今。Twitterにはbotの影しかなく、LINEはひたすら静かで、みんな眠っているのだとわかる。少し寂しい気持ちになる。

 

もはやこのブログも、ただひたすらに感情を書き記すだけのメモ紙のようなものになり変わってる。なんてことはない、何の意図もない、どうでもいい落書き。Twitterで呟くまでもないことを、ここに書く。日記でしかないな。そろそろ、ライブレポでも書こうか。結局、感情の羅列になるのは目に見えているのだけど。

 

あ、そういえば。最近元彼の名前、本当に思い出せない。以上です。


f:id:cerva:20170107044456j:image